2005年07月16日

北米紀行3

バンクーバー到着(’03年10月4日(土))
          (WDT(西部夏時間:日本時間より16時間遅れ))



 定刻より少し早めにバンクーバーに着く。着陸もスムースで、逆噴射も余り強くかけない。ただし、離陸時とは違い、食器、グラス等に加え、ヘッドホンまでも、安全のためと言って回収していった。


 ボーディングブリッジに降りたとたん火災報知器が鳴ってずいぶんと待たされる。その上、入国審査のところで、台湾か香港の団体がいて、ずいぶん入念に審査されている。結局1時間以上待たされたが、自分の時にはおきまりの入国理由、滞在期間、ホテルを聞かれただけ、背広姿の男ひとりで「観光」と言ったので少しいぶかしげな表情をしたが、1分もかからず通過。税関も書類を渡しただけでノーチェック。何より、バッゲージをタグと照合なしで、勝手に持っていけるシステムになっていろことにびっくり。日本の空港とは大違い。関空行きのバスでさえタグを照合されたのに。こちらの方はバッゲージには貴重品は入っていないということが常識となっていて、そんなのものを持っていく輩はいないということかも知れない。


 バッゲージ受け取りの出口を出ると、看板を胸に持った出迎えの人がたくさんいる。中国人らしき人がたくさんいる。白人よりも多い感じ。サーズの時も中国からカナダに飛び火したし、香港返還の時、香港のものが相当たくさんカナダ国籍を取得したということも聞いたことがあるが、中国とカナダは案外近い関係なのかも知れない。でも先ほどの、入国審査を見ているとカナダ側はそれを好意的には思っていないのかも知れない。 



続きを読む
posted by ミスタースージー at 20:51| Comment(0) | 700年遅れの西方見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

北米紀行4

バンクーバー一人歩き(’03年10月5日(日))


 朝早く目が覚める。やっと体調ももどり腹も空いてきた感じがする。早速一階に下りて、ホテルで朝飯とでも行こうかと思ったが、朝から二〇$近くも掛けるのはもったいないなアとか思いつつレストラン前でメニューをみていると、同じエレベーターに乗っていた白人男性も同じように躊躇している。何か、人間同じなんだなあと妙に納得したが、そいつの前でついカッコつけて入ってしまう。
 大学生のバイトのような若い女の子がメニューを持ってきてくれ、コーヒーを入れてくれた。せっかくだから日本で言うところのバイキング、こちらでは「バッフェ」と言うらしいが、食べ放題のものにする。となりでは、同じ頃に入ってきた三人組が注文もせず二〇分くらいはなしている。こいつらただでコーヒーだけ飲みにきたのかと思っていたら、三〇分くらいたってから注文をしていた。夕食に時間を掛けるのは聞いていたが、朝飯前にこんなにだべるとは思っていなかった。これでは「朝飯前」という表現の意味も変わってくるくらいだ。
 腹一杯になったところで、先ほどフロントでとってきた観光案内を広げて今日行くところを物色していると、先ほどのウエイトレスが、中腰になって、顔を近づけてなにやらはなしてきた。どうも、おすすめのスポットがあるらしい。聞くと水族館だという。水族館には興味はないが、至近距離での会話だったこともあり、彼女の息づかいが気になって、少しドキドキ。
 日本からきたというと、昨年日本に行ったという。札幌と苫小牧に行ったが四国と言うところは知らないと言われた。カナダ人からみた日本の印象を知りたかったが、そこまでの会話力はない。残念。でも朝から可愛い娘と話ができたので気分がいいのでチップをはずむ。一人の食事も悪くない。


 

続きを読む
posted by ミスタースージー at 20:59| Comment(0) | 700年遅れの西方見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキングに参加しています。いいかなと思ったら 人気blogランキングをクリック願います

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。