2005年09月24日

北米紀行6

テクニカルツアー(’03年10月7日(火))


 朝7時前に目が覚める。早い目覚めだがぐっすり眠れたせいか快調な目覚めだ。もう時差はとれたようだ。
 7時40分。レジストレーションを行う。これで、とにかくシンポジウムには参加できる。今日のテクニカルツアーも申し込めていた。その後Kさんと朝飯に行く。ホテルのレストランは高いし、込んでいる。メトロの駅に行く途中の地下2階に食べるところがあるという。こういう情報は、旅慣れないものが、しかもその土地で初日という状況では非常にありがたい。
 行くと、やはり店の人はフランス語。若い兄ちゃんで顔もラテンフランス系。ゴクミの旦那で、F1レーサーだったジャンアレジに似たスケコマシ顔。エッグドマフィンを頼むと、「ホワィッチー、クリッチー」と聞いてきた。ホワイトチーズか、クリームチーズかと言うことらしい。こういったやりとりを一づつ経験しないと英語はだめなのだろうと思う。
 9時にテクニカルツアーの集合だ。20数人くらいあつまっている。今日はカナダにきてはじめての快晴だ。やはり天気のいいのはよいものだ。こんな日にツアーにでられるのは最高だ。ハイドロケベックの人が案内してくれてバスまで行く。その前に事務局の人からパスポートを持って来いと言われていた。セキュリティ面からだろうが、やはり911のせいだろう。
 バスに乗り込む。バスといってもシェビーバンの後ろが長く広い程度のもので結構古い。こちらに来て昨日のタクシー以外新しい車に乗っていない。車は道具と割り切っているのだろうと思う。


 

続きを読む
posted by ミスタースージー at 21:15| Comment(0) | 700年遅れの西方見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキングに参加しています。いいかなと思ったら 人気blogランキングをクリック願います

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。