2006年04月11日

北米紀行15

 前回、忘れてしまいそうなのでしばらく集中的に書こうと考えていたのだが、つい面倒くさくて後回しになってしまった。反省。


風力発電所見学 (’03年10月16日(木))


 今日の風力発電所見学で、オフィシャルな日程は最後である。九時にG氏がホテルまで迎えに来てくれる。とにかくこちらでは車がないと身動きがとれない。いろんな方に迷惑をかけてしまう。ホテルから200km、高速で約2時間。途中、片側6車線という大規模な高速道路を通っていく。ロス行きである反対車線はコンボイの軍団だらけ。改めて、アメリカの車社会ぶりを痛感する。
 一番左車線(日本で言う追い越し車線)には、カープールと書いてある。G氏に聞くと2名以上乗車するとその車線を通ってよいとのことらしい。我々は2名なので当然その車線を通っていく。見ると違反している車はないようだ。カローラクラスの車で80マイル(時速約130km)以上で荒れた道をとばすので結構くたびれる。

 走行していると、山の陰から突然無数の風車の群。聞くと2000基以上あるらしいが、多すぎて誰も全部は数えていないとのこと。風もロッキー山脈からの吹き下ろしで、年中一定の風がコンスタントントに吹くらしい。日本とはかなり違う環境だ。
 先方の事務所について、おきまりのプレゼンを受ける。やっぱり英語。う〜苦しい。
 担当のR氏の話では、急に電力会社の変電所作業が入って、見学させてもらうM社の風車はすべて止まっているとのこと。訴訟社会のアメリカのことなのでさぞかしその辺りは神経質になって、原因やなにやらを根ほり葉ほり聞いているのかと思いきや、存外あっけらかんに「なにがあったのかなあ」などと話していた。現場の担当者は案外のんきに仕事をしているようだ。たぶんそれぞれの担当がキチンと決まっておりそれ以外は関知しないというやり方なのだろう。

 M社とジョイントしているサブコンのS社のコントロールルームを見学した。コントロールルームといってもパソコンが並んでいるだけの部屋で、それぞれのパソコンから全米各地の風力発電所の監視制御ができる。夜や土日はR氏の自宅からインターネットを通してやっているとのこと。日本と比べてかなりの割り切りだ。コスト最優先なのだろう。画面を見るとほとんどの発電所が定格の100%を超えての運転でしかも出力が一定している。これであれば風力も美味しい商売になるだろう。うらやましい感じだ。

 帰りは途中砂漠の中のアウトレットモールで土産を買う。全米一の大きさらしい。ブランド物は興味が無く、ブランドの名さえよく知らないので、適当に買う。後で日本に帰って見てみるとかなり安かったということが解り、もう少し事前に買う物を調査しておけばよかったと後悔する。

 夜は、150kmほど返ったところにM社の本社事務所があり、そこの近くの日本料理店で食べる。結構本格的な日本料理で、客も多い。入り口で、シカゴかボストンでやっているプロ野球の試合をテレビで流していたが、録画放映とのこと。あらためてアメリカの東西の広さ、時差を感じる。
 そこからホテルまで60km、タクシーで送ってもらう。四国で言うと、徳島のホテルに泊まって松山で見学、高松で食事して徳島に帰る、といった距離である。どうもこちらの距離感はスケールが違うみたいだ。

 本日で無事公式日程を終了した。とにかく疲れたが、とりあえず出張報告は書けそうだ。明日あさっては今回の旅の最後の地、サンフランシスコだ。

posted by ミスタースージー at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 700年遅れの西方見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキングに参加しています。いいかなと思ったら 人気blogランキングをクリック願います

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。