2005年06月04日

北米紀行1

ー700年遅れの西方見聞録?ー


2003年10月に行ったカナダアメリカ出張について書き留めておきたいと思い、当時の日記をもとにペンをとりました。


はじめに


 7月頃に話が持ち上がって以降、社内外問わずいろいろな方々の世話になり、この出張が実現に至った。われわれ中間管理職も是非とも海外出張をすべきであると理解を示してくれた部長を始め、留守の間実務面で何かとシワをかぶることになる部下の者。また、海外留学の経験を生かしていろいろと準備を手伝ってくれたMくん、また、出張先でのセットを手配してくれた方々、特に途中の国際会議をアテンドしてくれたKさんなど。とにかく、たかだか半月の出張であるが、たくさんの方の理解と協力の上に成り立った出張であった。感謝の念に耐えない。


 そのような貴重な機会となった出張であるので、会議出席、企業訪問だけの報告書では味気ない。たまたま、私は英語が出来ないし、また、海外は南の島に行ったことがあるだけである。そのような者が半月間、少なくとも途中の移動、ホテル等は殆どが単独行動という無謀な旅をしたのであるから、「英語が出来ない」「海外の旅のシステムを知らない」というないないづくし、ほとんどヘレンケラー状態で過ごした四六歳、中年男の初体験を記録しておきたい。

posted by ミスタースージー at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 700年遅れの西方見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15960696

この記事へのトラックバック
ブログランキングに参加しています。いいかなと思ったら 人気blogランキングをクリック願います
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。